離島そばの代表・八重山そば

沖縄グルメとして広がっている沖縄ソバですが、それは離島にも存在します。代表的なものとしては八重山そばがあります。八重山そばの出汁は基本的には本島のそばと変わりません。沖縄ソバは本土の中華ソバと同じものだと示しましたが、ラーメンとは違います。ラーメンは塩、醤油、ミソ、豚骨とスープに違いがありますが、沖縄ソバのスープは細かなところは違っていても、ベースであるものはかつお節と豚肉と変わらないのです。沖縄ソバと八重山ソバの違いは、麺にあります。

沖縄ソバは太めでややねじれたうどんのような形をしたものが一般的であり、本島北部では平打ち麺のものがあります。八重山ソバは細めのストレート麺で、ウコンやクチナシ色素などで黄色に着色されたものもあります。麺の断面は丸形の丸麺と、四角い角麺の二種類がありますが、認知度として丸麺のほうが高く、八重山そばの特徴として丸麺をあげる人がいるくらいです。スープは豚骨の出汁が濃く、ほんのりとした甘みがあります。トッピングとして醤油で煮た豚の赤身肉、かまぼこの細切りが乗っており、沖縄ソバで多くみられる紅ショウガは乗っていません。これがオーソドックスな八重山そばとなるのですが、トッピングにより(前項のソーキソバのように)名前が違ってくるのは沖縄ソバと同様ですので、注文のさいにはご注意ください。

admin